長期投資VS短期投資

長期投資VS短期投資

それぞのメリットデメリット

投資には、長期と短期があります。
それぞれには、メリットとデメリットがありますので、しっかりと把握して行って下さい。
長期のメリットは、株の配当金による福利の効果が得られる事や、小さな相場の変動に一喜一憂しなくても済みます。
また、売買回数が少なくなりますので、手数料や税金の支払いも少なくなるでしょう。
基本的には、毎日確認しなくて良くなりますので、忙しい人には安心ですし、分散投資をすればリスクを軽減出来ます。
デメリットは、資金をすぐに使いたい時に使えないので、使わないお金で投資する事がお勧めです。
利用している会社が倒産したりした場合には、損失が大きくなります。
確定利益が当面得られませんし、少ない資金の場合は大きな利益を上げる事も難しくなるでしょう。
短期の場合のメリットは、お金が必要になった時に、資金をすぐにまわす事が出来ます。
毎日売買が出来るので、勉強にもなったり取引が好くな人には、楽しむ事が出来るでしょう。
損をしているとすぐに対応出来るので、リスクが少なくて済みます。
細かく取引する事で、大きな利益になる事もありますが、逆に手数料などがかかってしまうのです。
デメリットは、毎日取引しないといけないので、忙しい人には向きません。
福利の効果が得られない事や、取引の損失が続いてしまうと、取引が出来なくなる事もあるでしょう。

copyright(C)長期投資VS短期投資